九州大会会場図

全日本トライアルR2九州 4月24日開催間近!

全日本選手権トライアル第2戦九州大会は4月24日(日)開催。去年までの宮崎県から、今年は熊本県に会場を移して行なわれる。各クラス、10個用意されたセクションと呼ばれる採点区間を2ラップ(合計20トライ)の合計現点数で順位が決められる。 最上級クラス「国際A級スーパー」は、2ラップの合計点数から上位10位に絞られ、SSと呼ばれる2つの決勝セクションでの現点数を加算して最終結果となる。SSの決勝は、最上位クラスの国際A級スーパーの最後の勝負をより多くの方に見やすく、場内解説を交えてわかりやすく観戦できる。セクションの難易度が高く、とても見ごたえのあるものだ。 会場となる矢谷渓谷キャンプ場は大きな岩が点在する沢が主体。ダイナミックでテクニカルなトライアルが楽しめそうだ。7時30分より国際B級クラスからスタート。レディースは8時11分から、国際A級は8時18分から、国際A級スーパーは8時51分からスタート。国際A級スーパーによる決勝(SS)は14時00分からの予定。 前売りチケットは4月23日(土)までご購入いただけます。 今回の矢谷渓谷キャンプ場のセクション配置図と公式プログラムです(ご来場の方には同内容の印刷物が配布されます)。観戦の参考にしてください。 ※4月23日(土)は感染防止対策のため、一般のお客様はご入場いただけません。 ※会場はペットの入場禁止。(観客駐車場、一般パドックを除く) 2022R2mapダウンロード トップクラスの戦いは、黒山健一1勝、小川友幸2位で今シーズンの幕が開けている。開幕戦を観ると、これに野崎史高と氏川政哉がからんで優勝争いを展開、というのが今シーズンの流れとなりそうだ。ヤマハファクトリーチームとホンダファクトリーマシンの戦いとなるが、もちろんこれに柴田暁、小川毅士らの台頭も見逃せない。#18以降の3人は、今年からIASに昇格したルーキー。昨年昇格して上り調子の#11廣畑伸哉の走りっぷりにも、ご注目いただきたい。 第1戦中部大会で優勝した黒山健一。昨年最終戦に続いて連勝である 連覇を狙う小川友幸 昨年国際A級スーパーへ昇格し、上り調子の廣畑伸哉
trj MAIL MAG

Sign Up

オンラインコミュニティのメンバーになって、今後のレースチケットや最新情報を早く手に入れよう!

ただいまメルマガ準備中です
もうしばらくお待ちください