JMX 2024 第3戦は、第2戦HSR九州大会日程を分割。2大会連続にて開催

シリーズチャンピオンを決める決勝ヒート数にも変動が。 先日1月25日にMFJより発表されたD.I.D JMX 2024 第3戦 中国大会の中止に伴い、2024年シリーズ第3戦について代替開催もしくは中止が検討されておりましたが、本日MFJより第3戦の開催が発表されました。 D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2024 第3戦の代替開催が決定いたしました。2024年02月08日 MFJ 既に予定されていた第2戦、4/20(土)〜21(日)HSR九州大会の予選/決勝の日程を分け、2日間を別大会として連続開催することになります。 この決定に伴い、チャンピオンシップポイントを競う公認クラス4クラスの決勝ヒート数が変更されます。 D.I.D JMX 2024 公認クラス開催ヒート数 戦数日程会場IA1IA2IB OPENLMX R13月30-31日OFV15min x 315min x 320min x 215min x 1 R24月20日HSR九州30min x 1 15min x 130min x 1 15min x 115min x 215min x 1 R34月21日HSR九州30min x…

R7 HSR九州大会、雨天時の休憩スポット

雨天決行のレースだからこそ楽しめる見どころがたくさん! 晴天のモトクロス観戦は最高ですが、モトクロスは基本的に雨天決行。 土と砂で作られたコースは、晴れの日とは全く異なるレース展開が予想されます。 ライダーが巻き上げる土は雨を含んで泥となり、後続のライダーはそれを浴びることに。 浴びた泥が体と車体、車輪に付着することで重量が増え、コントロールも難しくなります。 さらにゴーグルで守られた視界にも泥が!泥が! スタートでホールショットを決めれば、泥を浴びず、それだけで大きなアドバンテージになります。 そして、そこから先頭を一度も譲らなければ驚くほど汚れずにゴールするライダーも! 抜きつ抜かれつの展開を繰り返す集団に入ったライダー達は、それはもう誰が誰なのか、ヘルメットもバイクも全体的に同色の泥団子のようになります。 基本的に先頭の選手を追うよう撮影される中継放送の画面越しでは伝わらない30台の泥行進。 選手も、それを見守るファンも、スタッフも全員に平等に雨は降っていくのです。 みんな怪我なく元気に走りきって欲しい! JMXではここ数年完全な雨天のレースというのがあまりなく、天候に恵まれやすい展開でした。 今回、R7 HSR九州大会では、事前に雨の情報を得ていた主催者が、観戦エリア5箇所に屋根付きテントを設置してくれました。 屋根付き観戦エリア5箇所 A:サンドヒル横観客席 サンドヒルでのバトルと、その後のリズムセクションなど、勝負所を見渡せるロケーションです。 B:D.I.Dフィニッシュジャンプ横観客席 スタートと1コーナー、ダイナミックなフィニッシュジャンプを目前で観られる人気の観客席です。 C:中央休憩所 中央休憩所は、1・2コーナーのRの内側に位置します。こちらはベンチとテーブルがあり、フードエリアで購入したおいしいフードを落ち着いて召し上がれます。こちらはダイナミックな走行ラインからは少し離れるため、お食事と雨宿りがメインの場所となります。お食事後の入れ替えを念頭にした席数ですので、荷物を置いての席取りは申し訳ありませんがご遠慮ください。 D:表彰台前テント ヒートごとに行われる表彰式は、本大会ではスタート裏ではなく、本部横のステージで行います。 こちらのテントでは表彰式や下田丈選手のトークショー、来場者プレゼント抽選会、コース南側エリアをパノラマでご覧いただけます。 E:喫煙所テント 喫煙者の方も雨に濡れずご喫煙いただけます。 観戦エリアは早いモノ勝ちですが、雨宿りスポットで荷物を置いての席の確保はお控えください。 雨具と防寒の用意をして楽しくご観戦ください。 ご来場お待ちしています。 D.I.D JMX 2023 R7 HSR九州大会 観戦情報

世羅グリーンパーク弘楽園ちかくのキャンプ場

D.I.D JMX 2023 R4 中国大会 TOHO RACING Cup は6/24(土)6/25(日)開催。 レースコースのカートコースなどを区画して提供している一般駐車場は、防火・防犯などの指導もあり、土曜日のレース終了後、夕方の時間帯にて一般駐車場は閉鎖となってしまいます。 ※予約受付しておりました場内車中泊エリア以外では場内宿泊はできません。 もし車中泊をご予定していた場合、宿泊先がなくて困ってしまう方に。また、後日キャンプとモトクロス両方たのしみたい!というその日のため、直前ではありますがちかくのキャンプ場を調べてみました。 今回は直前のため、空きを確認できたキャンプ場さんと、現在うまってしまっているキャンプ場さん両方掲載します。(後日編集します。) 本日時点でまだ予約可能な近くのキャンプ場 ■ 花の駅せら オートキャンプ場 〒722-1732 広島県世羅郡世羅町413 20 https://www.serayurien.com/staying/ 7haの広大な丘に広がる全天候型の花農園。日本最大級の巨大フラワーアートや高原を彩る愛らしい花々がお楽しみいただけます。 オートキャンプ場や仔ヤギと遊べるエリアもございます。 なっぷという予約サイトからご予約いただけます。 https://www.nap-camp.com/hiroshima/14298 ■ 吉舎いこいの森 〒729-4227 広島県三次市吉舎町檜 https://miyoshi-kankou.jp/activity/camp.html 豊かな広葉樹が広がる、静かなキャンプ場です。小川や遊歩道もあるので、川遊びやハイキングもできます。アジサイやホタル、紅葉など、季節によって表情を変える豊かな自然を満喫してください。 TEL: 0824-43-4049 車中泊の場合20台以上可能 ■ グランエントランス広島三原 〒729-1401 広島県三原市大和町蔵宗2046−2 https://rest-glamping.com/glampentrance_hiroshimamihara 中四国最大のグランピンググループ「REST…

2023R4弘楽園コースプレビュー

ラムソンジャンプと、コース中盤のテクニカルゾーン。 見どころたっぷりの世羅グリーンパーク弘楽園 2023 R4 6/24−25開催! 元全日本チャンピオン熱田 孝高さんが開催直前整備中の世羅グリーンパーク弘楽園本番コースをライドプレビュー。 今回はゲストライダーが追い撮りしてくれてます。 youtubeでご覧ください! チャンネル登録してね →チャンネル登録はこちら 世羅グリーンパーク弘楽園 [LINK] 〒722-1732 広島県世羅郡世羅町黒渕728(施設全体所在地) D.I.D JMX 2023 R4 中国大会 TOHO RACING Cup 観戦情報 ▲前売りeチケット 【一般】 ¥3,500 ▲前売りeチケット 【女性・学生】 ¥3,000 観戦eチケット発売中!

2023R3SUGOコースプレビュー

SUGOコースは昨年最終戦と同じレイアウトながら全体をより楽しく安全にブラッシュアップ! 2023 R3 6/3−4開催! 元全日本チャンピオン熱田 孝高さんが開催直前整備中のSUGO本番コースをライドプレビュー。 youtubeでご覧ください! チャンネル登録してね →チャンネル登録はこちら スポーツランドSUGO インターナショナルモトクロスコース 〒989-1301 宮城県柴田郡村田町菅生6−1(施設全体所在地) 観戦eチケット発売中! 当サイトにてお求めいただけます。 ▼ MSP Eチケット 当サイトにて発売中 MSP Eチケットへ ▲前売りeチケット 【一般】 ¥3,700 ▲前売りeチケット 【女性】 ¥2,700 ▲前売りeチケット 【女性】 ¥6,400 ■チケットぴあ https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2305225&rlsCd=001 セブン-イレブン店頭で購入の際は、Pコード676-570にて検索してください。 ■ローチケ(ローソンチケット) https://l-tike.com/search/?keyword=26115 ローソンのLoppi端末でご購入の場合は、Lコード:26115にて検索してください。 …

R2 OFV にてJMXトップライダートークショー&サイン会開催

最高峰ライダーのトークを聞いてサインをもらおう! 5/13(土)-14(日)埼玉県川越市のオフロードヴィレッジ(OFV)にて開催されるD.I.D 全日本モトクロス選手権シリーズ2023 第2戦 腕時計のベルモンドCUP開催初日となる13日(土)に、モトクロス国際A級450ccクラス(IA1)、同250ccクラス(IA2)とレディースクラス(LMX)ライダーによるトークショーを行います。(雨天決行) 本大会は、13日(土曜日)に承認・併催クラスのレースを開催、14日(日曜日)に全日本公認クラスの予選・決勝を行う2部の構成。 土曜日は承認・併催クラスという「これからの」ライダー達のレースをお楽しみいただきつつ、お昼休憩の時間帯にて、翌日行われる国内最速を競う「最前線」の選手達のトークショーで、レースにかける熱い想いをお届けします。 出演選手と開催時間は以下の通りです。 ※出演予定選手は暫定です。増減の可能性があります D.I.D JMX 2023 R2 腕時計のベルモンドCUP 観戦情報 LMX IA2 IA1 サイン会 LMXトークショー 開催時間:5/13(土)11:55(CX表彰終了次第)~12:05 2 川井 麻央T.E.SPORT 4 本田 七海bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド IA2トークショー 開催時間:5/13(土)12:05~12:20 4 中島 漱也bLU cRU レーシングチーム鷹 8…
HSR九州

JMX 2022 R5 HSR九州の見どころ

D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2022も後半戦に突入。 10月9日(土)- 10日(日)にはHSR九州で第5戦が開催される。最高峰のIA1クラスは今回15分3ヒート制となり、大迫力のスプリントレースが見られることだろう。 会場のHSR九州は本年度開幕戦の舞台になったコースで、ワイドでハイスピードなレイアウトが特徴。本大会ではコースレイアウトの変更を行い、開幕戦とは異なる展開が期待される。また、コースのある阿蘇地方は雄大な景色が広がる日本屈指の観光地。レースと観光を組み合わせて楽しむのもいいだろう。 シリーズは残り3戦となり、チャンピオン争いの行方にも注目が集まる。果たして上位陣がさらにポイント数を伸ばしてチャンピオンへの足掛かりとするのか、それともライバル勢が逆襲の狼煙を上げるのか。第5戦の注目ポイントを解説する。 IA1 IA2 IB OPEN LMX IA1 速さのみならず、冷静なレース運びでコンスタントにポイントを積み重ねる#2富田俊樹 ポイントランキングをリードするのは今シーズン4勝をマークしている#2富田俊樹(YAMAHA FACTORY RACING TEAM / ヤマハ YZ450FM)だ。HSR九州で開催された開幕戦では両ヒートを制し、以降のレースでも着実にポイントを重ねてきた。第4戦近畿大会ではダブルウィンを決めた下田丈から大きく離されてしまったものの、それでもHeat1、Heat2ともに2位でゴールして着実にポイントを積み重ねている。この結果ランキング2位の#3能塚智寛(TEAM Kawasaki R&D / カワサキ KX450-SR)との差は39ポイントにまで拡大。速さのみならずクレバーな走りも見せる富田は、今回どんな走りを見せてくれるのだろうか。 #3能塚智寛はランキングトップの富田とのギャップを縮めることができるか ランキング2番手につける能塚だが、今期の勝利は第2戦Heat3のみ。第4戦ではHeat1で8位、Heat2こそ3位表彰台に登っているが、この結果富田とのポイント差がさらに開いてしまった。だがここHSR九州での開幕戦Heat1では序盤トップを快走しており、Heat2でも2位になるなど、その速さはポイントで大きくリードする富田をして決して油断はできないだろう。 今季2勝目を狙う#22大城魁之輔 MXoNに参戦した#23大倉由揮の走りにも注目だ 第3戦Heat2でIA1クラス初優勝を飾った#22大城魁之輔(Honda Dream Racing Bells / ホンダ CRF450R)は、練習中に鎖骨を骨折し、第4戦を欠場している。そのためランキングは5番手にまで落ちてしまったが、今期大城はIA1ルーキーイヤーながらコンスタントに表彰台に登壇しており、復帰を予定している第5戦でもどん欲に勝ちを狙うだろう。大城にかわってMXoN(モトクロス・オブ・ネイションズ = モトクロスのワールドカップとも呼ばれる国別対抗戦)に参戦したチームメイトの#23大倉由揮の走りにも注目したい。 #4渡辺祐介は、その速さを結果につなげられるか #5 ダイナミックな走りで観客を魅了する#5小方誠 大城にかわってランキング3番手となった#4渡辺祐介(YAMAHA FACTORY RACING TEAM…