Tag: 全日本モトクロス選手権

D.I.D JMX2022 R2 レポート

D.I.D 全日本モトクロス選手権シリーズ2022第2戦 関東大会 腕時計専門店ベルモンドCUPが5月14日(土)、15日(日)に開催された。 会場となった埼玉県のウエストポイントオフロードヴィレッジはタイトターンと直線が連続するテクニカルかつダイナミックなコースで、コース自体がコンパクトなのでレース展開がわかりやすく、モトクロスファンには人気の高いコース。首都圏からのアクセスも良く、今回も多くのファンが会場に詰め掛けた。 HSR九州での開幕戦ではIA-1、IA-2クラスでヤマハ勢が強さを見せつけたが、もちろんライバル勢も黙っちゃいない。各クラスで繰り広げられたアツいバトルを振り返る。 IA1 IA2 IB OPEN LMX JX K65 CX Result IA1 Heat1 : 猛追する#3能塚智寛を#8星野優位が振り切って久々の優勝 僅差で勝利した#8星野優位 絶妙なスタートでホールショットを奪ったのは、#8星野優位(bLU cRU Racing Team TAKA/STAR Racing166・ヤマハYZ450F)マハYZ450F)。2番手には#22大城魁之輔(Honda Dream Racing Bells・ホンダCRF450R)、3番手に大城のチームメイトの大倉由揮が続く。開幕戦でダブルウィンを決めた#2富田俊樹(YAMAHA FACTORY RACING TEAM・ヤマハYZ450 FM)は1コーナーの混乱に飲まれて転倒し、最後尾にまで順位を下げてしまった。2番手の大城はオープニングラップで星野との距離を詰めるが、フィニッシュラインの手前で転倒してリタイヤとなってしまった。3番手は富田のチームメイトの#4渡辺祐介で、わずかの差で#5小方誠(TEAM HAMMER・ホンダCRF450R)が続く。レースが中盤に差し掛かると渡辺と小方に#3能塚智寛(Team Kawasaki R&D)が追いついて激しい3位争いが繰り広げられる。能塚は7周目のメインスタンド前で小方のインを突いて4番手に浮上し、前を行く渡辺にも急接近。9周目のウォースペイントジャンプで渡辺をパス。ラストラップのターン1では大倉をもかわしてトップの星野を猛追。だが星野も冷静さを失わず、能塚の再三のアタックをしのぎ切って優勝を飾った。「最後に(能塚選手に)差を詰められましたが、自分のペースも決して悪くはなかったので焦りはありませんでした」(星野選手) Heat2 : スタートを決めた#2富田俊樹が今季4勝目を決める…

オフロードヴィレッジ・観戦エリア別の見え方をチェック!

各観客席でのコースの見え方を紹介! 全日本モトクロス選手権 第2戦もいよいよ明日から始まります! どこで観戦しようか悩んでいることもいることでしょう。 そこで、コースの各所での見え方を簡単にご紹介しますね。 ピンクの数字でエリアを表示しています。 観戦するときの参考にしてください。 ①有料観客席 迫力のスタートとターン①の次に現れるベルモンドジャンプを高い位置から見渡せます。 ②サインエリア横の有料チェア貸出スポット 長時間の観戦だと座れる場所を探しますよね。くつろいで優雅に観戦するなら有料チェア貸し出しスポットが便利です。サインエリアの隣に位置し、フィニッシュとターン⑩、さらにベルモンドジャンプを望めます。 ※土曜日・日曜日:ともに1,000円 ③来賓&VIPエリア 来賓者と主催者が招いたVIP専用のエリア。一般の方は入ることができません。ご了承ください。 ④ECHO's CAFE 上尾市にある広い自由な空間のカフェ『ECHO's CAFE』が全日本モトクロス選手権の会場に登場! 高速で抜けていくターン②前の高台にあり、開けた席で気持ちいいですよ。 屋根のある観覧席にはチェア&テーブル完備。専用のトイレもあって、オフロードヴィレッジのなかで一番快適な席です! ※土曜日・日曜日:通しで2,000円 ⑤ECHO's CAFEの下 高速で抜けていくライダーをより近くで見ることができるECHO's CAFEの下。パドックにも近いため、戦っている選手と同じチーム員が応援していることが多いのです。 ⑥意外にコース幅が狭く勝負所になるかも ターン②から抜けた先のジャンプに続くこの場所は、意外にコース幅が狭いんです。ここの走り方次第でその後のジャンプが変わってきます。 ⑦迫力のジャンプを真横で堪能 直線にジャンプが連なるこのエリア周辺は、コースと観戦エリアの距離が近く迫力の走りを見られます。 ⑧直線終盤のターン③入口 ジャンプを終え減速しターン③を周ると、その次はスピードが出るジャンプセクションが待ち構えています。 ⑨S字セクション 高速セクション後のS字セクションは、路面が荒れやすいのでここも観戦ポイントです。 ⑩コースとの距離が近いフィニッシュエリア裏 ⑦と同様、直線にジャンプが設けられたエリア。コースと観戦エリアが近く迫力があります。フィニッシュする選手も見ることができます。 テントが設けられた無料休憩所 食事や休憩の時に利用したい無料の休憩スポット。出店エリアに近く、美味しい匂いが漂っているため、ついついあれやこれや買いたくなる場所です。 長靴があると安心です! 走っているライダーや出店ブースも並んでいないなんとも殺風景な写真での観戦エリア紹介となってしまいましたが、参考いただけら幸いです。 雨の影響から足元がかなり悪いことが予想されます。防水性のあるフットウエア、特に長靴があれば安心ですね。また雨が止んでも泥が跳ねたりするのでレインウエアも用意しましょう。 皆様の来場お待ちしております!

ビギナー必見!レースの楽しみ方を紹介

レースに関する疑問を解消。観戦ポイントも押さえよう! 5月14日〜15日に、埼玉県のオフロードヴィレッジ(埼玉県川越市中老袋295−5)で全日本モトクロス選手権 第2戦 関東大会が行われます。 モトクロスレースは抜きつ抜かれつといった順位変動が起きやすく、見ていて非常に盛り上がる競技。 そんな熱いレースを繰り広げる日本のトップモトクロスライダーたちの走りを、関東近郊から一番近い会場で見ることができます。会場は関越自動車道・川越インターから約20分とアクセスもしやすいのが特徴です。 しかも多くの大会で中学生以下は観戦無料なので、ファミリーでもお得に楽しめますよ! (※関東大会は小学生以下無料です。お気を付けください!) とは言え、モトクロスレースとはどんな競技なのか? 見どころはどこなのか? どんな服装でいったらいいのか?と、観戦ビギナーにはわからないことばかり。 そこで観戦ビギナーに向けて、モトクロスレースの観戦ポイントを紹介しましょう! そもそもモトクロスレースとは? 未舗装のコースを周回して順位を競うレースのこと。 コースは自然の地形を生かしたアップダウンがあり、コーナーやジャンプなどが設けられています。 コース一周の長さは1.3km以上3km以下と定められ、クラスや大会によって変わることがありますが、30分+1周を2ヒート、20分+1周を2ヒート、15分+1周を3ヒートといった内容でレースが行われます。 モトクロスレースのここが面白い! 空高く舞うジャンプ、コーナーを土煙を巻き上げ豪快に走り抜ける姿はモトクロスならでは。 さらに、選手が横一列に並び一斉にスタートし、1コーナー目掛けて飛び込んでいく様は必見です! レースが進むほどにコースが荒れてくるため、ライン選びが勝敗を大きく左右します。同じ選手でもレースの進み方次第でコーナーの攻略方法が変わってくる場合もあり、観戦する側も常に変化を楽しめます。 走っているのはどんな車両? モトクロッサーという、モトクロスレース専用のマシンを用います。 形は公道から林道まで走れるトレール車(オフ車)に似ていますが、中身は全くの別物! 下の表で比べてみると…… モトクロッサー・CRF250R トレールモデル・CRF250L スペックモトクロッサー・CRF250Rトレールモデル・CRF250L全長(mm)21772230全幅(mm)827820全高(mm)12651200シート高(mm)961880車両重量(kg)104140エンジン種類水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒排気量(cc)249.4249内径×行程(mm)79.0×50.976.0×55.0圧縮比13.910.7懸架方式前:テレスコピック式 クッションストローク 310mm 後:スイングアーム式 アクスルトラベル 313mm前:テレスコピック式 クッションストローク 260mm 後:スイングアーム式 アクスルトラベル 260mm スペック好きでないと、表を並べられたところで???かもしれませんが、 分かりやすい違いは、車両重量! モトクロッサーはレーシングモデルなので保安部品はなく非常に軽量にできています。 車両の加速能力を比べる目安として、車両重量に対する馬力の大きさがどれほどなのかを数値化したパワーウエイトレシオ(1馬力あたりが負担する車両重量のこと。重量÷馬力で算出)を比べてみましょう。 モトクロッサーのCRF250Rはレーシングモデルなので馬力は公表されていませんが、国内外で車両のベンチテストした数値を平均すると約39馬力。対するトレール車のCRF250Lは24馬力。 モトクロッサー・CRF250Rトレールモデル・CRF250Lパワーウェイトレシオ2.665.83 自動車でこの数値に近いモデルに例えると、 ランボルギーニ・ガヤルド ニッサン・グロリア(11代目) 『ランボルギーニ・ガヤルド』と『ニッサン・グロリア(11代目)』がそれにあたり、スーパーカーとセダンぐらいに性能が違うということなのです。 ※日産・グロリアの画像は日産ホームページより引用 レースにはどんなクラスがあるの? トップカテゴリーの『IA』クラス 全日本モトクロスはクラスが分けされていて、トップカテゴリーは国際A級ライセンスを所持する選手が出場できるIA(アイエー:インターナショナルA)クラスとなります。 そのIAは、さらにIA1(アイエーワン)、IA2(アイエーツー)があります。 IA1:車両/4st291~450cc、2st176~250cc…

D.I.D JMX 2022 開幕戦チケット販売開始

D.I.D 全日本モトクロス選手権シリーズ2022開幕戦 HSR九州大会開催! 2022年の開幕戦は九州・熊本のHSR九州オフロードコースにて、4月9日(土)〜10日(日)の2日間にわたって行われます。 チケットはMSP Eチケット、ローチケなどで販売開始。 昨年度の覇者である山本鯨が引退し、王者不在のIA1には新たな覇者の誕生を待っている。 IBオープンクラスから繰り上がる10人の新IAライダーの熱量も注目。 新しいモトクロスの時代を作っていくのは誰だ!? 九州大会はIA2クラスが3ヒート開催! 3回の決勝ポイントで年間ランキングにスタートダッシュを。 D.I.D JMX 2022 R1 開催情報 MSP Eチケットご購入はこちら ローチケでの紙チケットご購入はこちら