今季のD.I.D 全日本モトクロス選手権シリーズが、4月10日(土)~11日(日)に熊本県のHSR九州で開幕。強めの風で大量の土ボコリが舞う状況でしたが、土日とも晴天に恵まれ、ドライコンディションでのレースが実施されました。

全日本最高峰となるIA1クラスは、今大会に決勝3ヒート制を導入。通常は30分+1周の2ヒート制ですが、レース時間を15分+1周にしながら3回の決勝が実施されています。

全日本屈指……というよりも特殊と言えるほどハイスピードで全開時間が長いHSR九州のコースレイアウトは今年も健在。阿蘇の外輪山を望むコースで、熱いバトルの数々が演じられました!

【IA1 決勝ヒート1】

山本鯨と富田俊樹が激しすぎるトップ争い!

2年連続チャンピオンとして今季を迎えたホンダの山本鯨(#1)がホールショット。1周目はその山本が制し、こちらも昨年同様の体制となるヤマハファクトリーチームの富田俊樹(#2)と渡辺祐介(#3)、今季からカワサキに移籍してファクトリーチーム入りした能塚智寛(#5)らが続きました。2周目、山本と富田は早くもし烈なトップ争いをスタート。その後方では、能塚が渡辺をパスして3番手に浮上しました。

4周目、山本と富田はサイド・バイ・サイドとなり、先行した富田のインにマシンをねじ込んだ山本がエンストを喫して能塚が先行。しかし山本は、6周目に能塚を抜いて再び富田に迫り、最終ラップの9周目に富田をコーナーアウト側に押し出しながら逆転しました。するとその直後、富田がコーナーでインを突き、両者が接触転倒。これでトップに立った能塚が全日本最高峰クラス初優勝を果たし、渡辺が2位、山本が3位でした。

【IA1 決勝ヒート2】

富田俊樹と渡辺祐介のヤマハ勢がワン・ツー!

富田俊樹(#2)がホールショットを奪い、これに渡辺祐介(#3)が続いて1周目をクリア。富田は渡辺を少しずつ引き離して、序盤3周で3~4秒のアドバンテージを得ました。2番手の渡辺も、3番手に能塚智寛(#5)が浮上するまでの間に6秒ほどのリードを獲得。山本鯨(#1)は1周目8番手と出遅れましたが、3周目には4番手まで順位を上げて、前を走る能塚に迫りました。

ところが4周目、山本のゴーグル内部に土が入ってしまうトラブルが発生。ゴーグルを外して視界を奪われた山本はペースが落ち、これで富田、渡辺、能塚のトップ3がそれぞれ単独走行になりました。そしてこのままの順番でゴールしましたが、3番手だった能塚はゴール後にマシンの音量測定オーバーで失格。山本の転倒で順位を上げていた小方誠(#4)が、繰り上げ3位になりました。

【IA1 決勝ヒート3】

能塚智寛が小方誠に競り勝ち再びヒート優勝

山本鯨(#1)がホールショットを奪いましたが、この段階からマシンの排気音に異変。山本はエキパイをのぞき込んで状態を確認し、この間に小方誠(#4)、渡辺祐介(#3)、能塚智寛(#5)が先行しました。富田俊樹(#2)はスタート直後に11番手あたりと出遅れましたが、それでも1周目7番手、2周目には5番手まで順位を上げ、山本の背後につけました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IA1_H3_01-1024x683.jpg

山本のペースが上がらないこともあり、上位3台が序盤から後続を引き離す展開。この中で、2周目に能塚が小方をパスしてトップに浮上しました。4周目になると渡辺がここから遅れはじめ、能塚と小方のマッチレースに。9周目のファイナルラップで小方がクリーンに能塚を抜き、コース終盤では能塚が再逆転。熱いバトルは能塚に軍配が上がり、小方は2位でした。3位には渡辺が入っています。

【IA2 決勝ヒート1】

大城魁之輔が後続を引き離してトップフィニッシュ

内田篤基(#4)がホールショットを奪いましたが、すぐに大城魁之輔(#2)が内田をパス。この2台に川上龍司(#7)と鈴村英喜(#15)と中島漱也(#10)らが続きましたが、ラップタイムでは大城と内田が他を圧倒していて、すぐに大城と内田のマッチレースになりました。最初の3周は、大城と内田がほぼ互角のラップタイム。しかし4周目以降、内田は少しずつ遅れていきました。

一方、3番手争いは川上と鈴村と中島による接戦が続き、一度は3台が縦に長くなりましたが、5周目あたりから再び三つ巴のバトルが勃発。その中で、とくに鈴村と中島の順位争いが激しく、9周目には両者が接触して鈴村のみ転倒しました。生き残った中島は、10周目に川上を逆転。レースは15周でチェッカーとなり、大城が優勝、内田が2位、中島がIA初表彰台となる3位でした。

【IA2 決勝ヒート2】

内田篤基が雪辱を果たす独走優勝

ヒート1に続いて再び内田篤基(#4)がホールショット。岸桐我(#8)と川上龍司(#7)と大城魁之輔(#2)と鈴村英喜(#15)が続きました。内田は、1周目だけで3秒以上のアドバンテージを確保。2周目に川上、3周目に岸をパスして大城が2番手にポジションを上げた段階で、すでに約8秒も先行していました。すると、このギャップを埋めるべく大城は4周目にペースアップを果たします。

ところが、内田と大城の4周目はほぼ互角のタイム。そこで大城は、新しいラインを探るなどのトライを試みましたが、逆にこれでペースが落ちて、内田がさらにリードを拡大しました。そして、そのまま15周を逃げ切った内田が優勝、大城が2位でした。岸と川上の3番手争いは、岸がエンストで一度後退。しかしラスト2周で川上を捉え、逆転により岸がIA初表彰台登壇となる3位に入賞しました。

【レディースクラス 決勝】

昨年度全勝チャンプの川井麻央がまずは1勝!

ホールショットは小野彩葉(#4)。これに本田七海(#2)が続くと、昨年度チャンピオンの川井麻央(#1)が混戦の中で順位を上げ、3番手で本田を追いました。1周目後半、本田と川井が接触して本田のみ転倒。これで本田は6番手まで後退しました。2番手に浮上した川井は、チームメイトの小野を追走。冷静沈着にチャンスを待ち、4周目に小野がミスしたところで逆転しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LMX-1024x683.jpg

レース後半、トップに立った川井はじわじわと小野を引き離してトップを快走。小野も粘りましたがその差は少しずつ開き続け、8周のレースは川井の優勝、小野が2位でT.E.SPORTがワン・ツー・フィニッシュを飾りました。転倒から素早くレースに復帰した本田は、5周目に久保まな(#3)をパスして3番手まで順位を回復。3位でフィニッシュしています。

Leave a comment